経皮毒をより高めてしまう可能性

汗ばむ陽気になってくると自然と体やわきのにおいが気になり、そんな時に一般的に使われるのが制汗剤によるケア方法です。

 

 

市販の制汗剤はアルミニウムがたっぷりと配合されている場合が多く、消臭・抗菌の為に行っていたつもりが自然にわきの毛穴を塞いでしまい、結果的にわきの下の黒ずみを引き起こしてしまう可能性があります。

 

 

また皮膚を通して有害な物質を吸収してかぶれなどの原因にもなる経皮毒もまた、特に皮膚が柔らかい部分で吸収力が高まるのでワキの下はまさに最適な場所ともいえるのです。

 

 

制汗剤での黒ずみと経皮毒の関係とは、まさに密接関係にあり、例えばわきの臭いが気になる度に使用される制汗剤によって、繰り返しアルミニウムを肌に吸収させ、かぶれやかゆみといった症状として現れる経皮毒をより高めてしまう可能性があるのです。

 

 

まさに制汗剤での黒ずみと経皮毒の関係とは、自然に私たちの知らない間に密接な関係で成り立っているメカニズムともいえるのです。

 

 

ワキの臭いのもとは汗ではなく、汗に含まれる脂肪、尿素、アンモニアなどを好む菌が増殖することによって臭っているので、化学物質を多く含む制汗剤だけで菌の増殖を防ぐケア方法ばかりに依存するのを見直す必要性があります。

 

 

それ以外の方法でも汗が出たらこまめに拭くことや、最近ではオーガニックの制汗剤もあるのでこのようなケア方法に切り替えることも大切です。